佐賀県の大気環境(リアルタイム表示システム)

ただいま、県内に光化学オキシダント注意報は発令されていません。
ただいま、県内にPM2.5注意喚起はされていません。
唐津局のPM2.5は、定期点検のため12月17日〜18日にかけて欠測です。

解説のページ ‐ 環境基準について

 人の健康を保護するとともに生活環境を保全する上で望ましい基準として、大気、水質、土壌の汚染や騒音について基準が定められています。この基準は、環境基本法第16条及びダイオキシン類対策特別措置法第7条に基づいた公害対策を進めていく上での行政上の目標を示しています。  基準値は、汚染物質による人の健康や生活環境への影響の程度と行政上の実現可能性を考慮して定められています。

大気環境常時監視システムで監視を行っている大気汚染物質の環境基準

下記の6物質について環境基準が定められています。

二酸化硫黄 1時間値の1日平均値が0.04ppm以下であり、かつ、1時間値が0.1ppm以下であること
一酸化炭素 1時間値の1日平均値が10ppm以下であり、かつ、1時間値の8時間平均値が20ppm以下であること
浮遊粒子状物質 1時間値の1日平均値が0.10mg/m3以下であり、かつ、1時間値が0.20mg/m3以下であること
二酸化窒素 1時間値の1日平均値が0.04ppmから0.06ppmまでのゾーン内またはそれ以下であること
光化学オキシダント 1時間値が0.06ppm以下であること
微小粒子状物質(PM2.5) 1年平均値が15μg/m3以下であり、かつ、1日平均値が35μg/m3以下であること

光化学オキシダントの生成防止のための大気中炭化水素濃度の指針

非メタン炭化水素 午前6時から9時の3時間平均値が0.20ppmCから0.31ppmCの範囲にあること







お問合せ先
佐賀県環境センター(kankyousenta@pref.saga.lg.jp)
〒849-0932 佐賀市鍋島町八戸溝119-1 TEL.0952-30-1616 FAX.0952-32-5940
サイトポリシー個人情報の取り扱い