よくある質問集

基本的事項

PM2.5とはどのようなものですか。

微小粒子状物質(PM2.5)とは、大気中に浮遊する小さな粒子のうち、粒子の大きさが2.5μm(1μm=1mm の千分の1)以下の非常に小さな粒子のことです。その成分には、炭素成分、硝酸塩、硫酸塩、アンモニウム塩のほか、ケイ素、ナトリウム、アルミニウムなどの無機元素などが含まれます。また、さまざまな粒子の大きさのものが含まれており、地域や季節、気象条件などによって組成も変動します。

2.5μm(マイクロメートル)とは、どれぐらいの大きさなのですか。

髪の毛の太さの30 分の1程度の大きさです。

微小粒子状物質(PM2.5)は、どのようにして発生しますか。

微小粒子状物質(PM2.5)には、物が燃えること等によって直接排出されるもの(一次生成)と、環境大気中での化学反応により生成されたもの(二次生成)とがあります。
一次生成粒子の発生源としては、ボイラーや焼却炉などばい煙を発生する施設、コークス炉や鉱物堆積場など粉じん(細かいちり)を発生する施設、自動車、船舶、航空機などのほか、土壌、海洋、火山など自然由来のものや大陸の影響によるものもあります。
二次生成粒子は、火力発電所、工場・事業所、自動車、船舶、航空機、家庭などの燃料燃焼によって排出される硫黄酸化物(SOx)や窒素酸化物(NOx)、燃料燃焼施設のほかに溶剤・塗料の使用時や石油取扱施設からの蒸発、森林などから排出される揮発性有機化合物(VOC)等のガス状物質が、大気中で光やオゾンと反応して生成されます。

PM2.5のマイナス値とは

非常に濃度の低い場合、測定原理に基づく誤差によりマイナス値が出てしまいます。日平均値の算出にあたって、マイナス値を「ゼロ」とした場合、高濃度側に偏った評価になるため、国の示す評価方法が「マイナスはマイナスとして取り扱う」ことになっています。

1時間値が 環境基準の濃度を超過しているが大丈夫でしょうか。

微小粒子状物質(PM2.5)の環境基準(人の健康を保護する上で維持されることが望ましい基準)として「1年平均値が15μg/m3 以下であり、かつ、1日平均値が35μg/m3以下であること」と定められています。年平均は一年間の日平均値を用いて算出しており、数日間日平均値が高い日が続いても、その他の日が高くなければ年平均値は低くなります。

健康影響

どのような健康影響がありますか。

微小粒子状物質(PM2.5)は粒子の大きさが非常に小さい(髪の毛の太さの30 分の1)ため、肺の奥深くまで入りやすく、喘息や気管支炎などの呼吸器系疾患への影響のほか、肺がんのリスクの上昇や循環器系への影響も懸念されています。

環境基準を超えると健康影響が出ますか。

環境基準は人の健康を保護する上で維持されることが望ましい基準であり、大気環境中のPM2.5濃度が一時的に基準値を超過しても、ただちに人の健康への影響が現れるものではありません。

公開されている濃度は、健康にどの様な影響を与える濃度でしょうか。

環境基準は日平均値です。 1時間値は参考として提供しており、国が示しているQ&A集では、「PM2.5濃度が注意喚起のための暫定的な指針となる値(1日平均値:70μg/m3)を大きく超えない限り、運動会等の屋外での事は中止する必要はないと考えられる。」となっています。現段階では高濃度域での健康影響に関する十分な科学的知見がないため、具体的な値を示すことは困難ですが、参考までに、米国の空気質指数(AQI) では、日平均値が140~150μg/m3を超える場合、すべての人は長時間の激しい運動や屋外活動を中止すべきとのアドバイスがなされています。のどが弱い呼吸器系・循環器系疾患を有する者、子供が小さい等の場合は 注意なさった方がいいかもしれません。

農産物の安全性に影響はないのですか。

PM2.5 が農産物に付着することは想定されますが、懸念されているPM2.5 の影響は主に呼吸器系へのものであり、摂食による健康影響はこれまで報告されていません。