よくある質問集

基本的事項

光化学オキシダントとはどのようなものですか。

自動車からの排気ガスや工場からの煙に含まれる窒素酸化物やVOC(揮発性有機化合物)などが太陽の紫外線を受けて、オゾンを主体とした酸化力の強い物質を生成します。これを「光化学オキシダント」といいます。
 また、光化学オキシダント濃度が高くなり、空が白く「もや」がかかったような状態を「光化学スモッグ」と呼びます。

どんなときに光化学オキシダントは発生するのですか。

春から秋にかけての晴れた日に高濃度になる傾向があります。
 (1)日差しが強い (2)気温が高い (3)風が弱い ときは特に注意が必要です。

光化学オキシダント注意報の発令・解除とはどのようなものでしょう。

注意報は、佐賀県内の光化学オキシダント濃度の1時間値が0.12ppm以上となり、気象条件からみてその大気汚染の状態が継続すると認められるとき、佐賀県知事によって発令されます。
 また、光化学オキシダント濃度の1時間値が0.12ppm未満となり、気象条件からみてその状態が悪化するおそれがなくなったと認められるとき、注意報が解除されます。

人体にどのような影響がありますか。

(1)目がチカチカ、ショボショボする (2)涙が出る (3)のどが痛む (4)せきが出る
などの健康被害が出ることがあります。
 子どもや高齢者の方、体が弱い方などは特にご注意ください。

注意報が発令された場合はどうすればよいのでしょうか。

外出を控えましょう。特に屋外での激しい運動は避けてください。
 窓を閉めて、できるだけ屋内で過ごしましょう。
 また、光化学オキシダントの原因物質(窒素酸化物)の排出を抑えるため、車の使用はできるだけ控えましょう。

健康被害が出た場合どうすればよいのでしょうか。

目やのどが痛くなったら、洗顔、洗眼、うがいを十分に行いましょう。それでも症状が回復しない場合は、医師の診察を受けましょう。
 また、健康被害があった場合は、最寄りの市役所や町役場、保健福祉事務所へお知らせください。

注意報の発令地域はどのようになっているのですか。

測定局ごとの発令地域は、次の表のとおりです。

測定局 発令地域名 発令地域の市町
1 佐賀局 佐賀南部地域 佐賀市(三瀬村、富士町を除く)、神埼市(神埼町、千代田町) 、吉野ヶ里町
2 三瀬局 佐賀北部地域 佐賀市(三瀬村、富士町)、神埼市(脊振町)
3 多久局 多久・小城地域 多久市、小城市
4 鳥栖局 鳥栖・三養基地域 鳥栖市、上峰町、みやき町
5 基山局 基山地域 基山町
6 唐津局 唐津地域 唐津市(肥前町、呼子町、鎮西町を除く)
7 肥前局 唐津西部地域 唐津市(肥前町、呼子町、鎮西町)、玄海町
8 大坪局 伊万里地域 伊万里市
9 西有田局 有田地域 有田町
10 武雄局 武雄・白石地域 武雄市、大町町、江北町、白石町
11 鹿島局 鹿島・太良地域 鹿島市、太良町
12 嬉野局 嬉野地域 嬉野市

佐賀県の光化学オキシダント情報を知るにはどうしたらよいのですか。

テレビやラジオ、各関係機関等を通じて、また、下記を通じて、県民の皆さんへお知らせします。

防災ネットあんあん 注意報が発令・解除されたときに、メールでお知らせします。
メールを受け取るためには、事前に登録が必要です。
→ 登録用URL:http://esam.jp (詳しい登録方法はこちらから)
テレホンサービス 自動音声案内で注意報の発令情報をお知らせします。
→ 電話番号 0952-32-3583
パソコン用サイト
(佐賀県の大気環境)
注意報の発令情報や光化学オキシダントを始めとする大気汚染物質の濃度などを知ることができます。
→ URL:http://www.saga-taiki.jp/pc/index.php